2008年12月31日

天、順調に回復です!!

ってことで!!!!!

なんか突然天が回復の兆しを見せました〜(>▽<)!!
今日の昼間とかもぐ〜〜ったりし続けてた天くん。

立ち上がるのも嫌〜〜・・・
水飲みにいくのも嫌〜〜・・・
トイレもメンド〜〜・・・

・・・ってな態度をとり続けてたのに。

今日はパパしゃんお仕事でいなかったのだけど、
夜帰宅したとき、なんかも〜〜突然元気に@@!!
エネルギー貯めてたのか?!
かなりぎこちないながらも、いつもの「パパしゃんお帰りの天ダンス」を披露してるしっΣ!!

もービックリ&ジェラシーなママですが( ̄д ̄)。
今回だけはそれ以上にとにかく嬉しいやらなんやら><!!

ご飯待ちまでしちゃって!!!

心配していたウンチもほぼ24時間経っておりましたがー、
結構奇麗にでましたよーヽ( ´¬`)ノ!
まだ血が混ざってるけどねー。
でもそれは仕方ない・・・。

あ〜〜〜もぅ、ホントによかった;;。

退院して2日ほど経った時が一番ガリガリに感じてたけど。
今日は朝・昼少し、夜モリモリ!(といっても普段よりは少ないのよ)食べて、
毛艶もよくなって少しガリガリ感も落ち着いてきた感じ♪

dec30_08a.JPG ←クリックで拡大

薬と痛みのせいか、虚ろで目の焦点があっていないような天が
今は表情も随分柔らかに♪

たまたま話の中にでてきてしまった『散歩』の言葉に
なんかすっごい反応して、
外いきたいー><!!!って態度をとったので@@。

アパートの周りをくるっと一周するくらいの、
夜のお散歩に連れてってみたー!
歩みはゆっくりだけど、嫌がる様子はなくて
いい気分転換になっていたようですワー♪

dec30_08b.JPG ←クリックで拡大

ちょっとまた寒くなってきたねー><。
元旦なんて、最高気温がマイナス予定だってΣ!!

dec30_08c.JPG ←クリックで拡大

ちょっとロボみたいに目光ってるけど( ̄-  ̄ )。

海もねー、本当にいい子にしてくれてたよー。
本当は暴れたくて仕方ないんだろうに・・・。
いつもは兄ちゃんの休んでる場所、ジャイアンのように奪うのに@@。
ちょっと鼻でツンツンとするくらいで、
「ダメだよー」というと、すぐ離れるし、邪魔もしないのよね。
わかってるんだぁ〜♪

天は今、
退院後初めてパパママと普段一緒に寝ていたお布団に
自分から入って寝ておりますっ♪
今までは絶対こなかったのにねー。痛いから一人でゆっくりしたかったんだねー><。
がんばったねぇー・・・。


・・・と言う感じで♪

皆様、ホントーにご心配おかけしましたが、
天はとても順調に回復してるように見えます!!(´▽`)
しばらくまだ制限は続くけど、
きっと大丈夫ですっ!!
心のこもったお見舞いのお言葉などなど、本当にありがとうでしたー!!

次回からは、どんどん回復していく天の
楽しいブログアップしていけるといいなぁ〜〜♪♪

ニックネーム あい at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Dogs-病気・治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

退院から2日目

相変わらず元気ないですねぇ〜。。。

でも!!
実は少し進展が!!

ひとつ前のブログを書いてからしばらくして、
天がトイレをしました〜〜っっ!
退院から18時間後・・・病院で最後にトイレにいったのはいつか、はっきりしてないので、
恐らく20時間ちょっとは経っていたのではないかと@@。
あれだけ水を飲んでたから、どれくらいするのかと見てたら
ま〜〜〜〜・・・30秒以上してたね。
その後初めてのウンチも。
でもやっぱりすごく辛そうで、すこ〜〜しだけ。。。
ちょっと血が混ざってる感じなのかな、ちょっと赤茶っぽいのデス。
残便感があるようで、トイレをでても、トイレ以外の場所でもしようとしてしまうのダ・・・
下痢のをほ〜んの少しだけ、頑張って出すくらいかな;;。

痛みのせいで立ち上がるのが億劫だから、
トイレに行きたいけどギリギリまで我慢してる感じがするなー。

ちなみにごはんは、
・・・どーだろ?
ほとんど食べてくれないから、朝〜夜まで、
調子よさそうな時に何度か食べさせるようにしてるんだけど。。。
舐めるくらいかなぁ。
それでも1日に普段食べる量の3分の1くらいは食べたかな〜?

とにかく喉が渇くみたいで。
薬も飲まないんだけど、やっぱり感染症やらを抑えるためにも、
抗生物質は無理やりでも飲ませないといけないと言われて
「おぇっっ」となってる天に無理やり飲ませております;;。
も〜〜〜その後のウラメシソ〜〜な天の顔を見せてあげたいよ〒_〒


おっと!そうそう!!

今日は天気がよかったので〜
昼間に、天の大好きな日向ぼっこをさせてあげましたっ♪

dec29_08.JPG ←クリックで拡大

たまたまこのクッションの上にいたので、このまま日向に移動。
すぐ喉が渇くみたいなので、
ぜーぜーしてきたら、お水をあげて〜・・・。
正直目が離せないんだけどね;;。
少しでも気分転換になったらいいなぁ〜><!

ちなみに只今朝4時でございますっ煤I
なんかも〜〜気になって全然寝れないし;;。
一応寝ないともたない!・・・ってことで、
今日もぱぱしゃんがお休みだったもんでー、
その間、お昼に無理やり薬飲んで4時間ほど寝ましたっ♪

そろそろ前にトイレいってから12時間弱かー。
朝まで大丈夫かなー?
(↑特にウンチの時はみてないと、そこら中ウンだらけになるのデス=_=)

あまりに動かなすぎても、よくないとのウワサも@@。
でも痛がるから動かしたくないしなー・・・と、
もうしばらくオロオロする日々は続きそうですワ〜〜><。

でもま〜、
ちょっとでも食べてくれて、
一応トイレもしてくれて、
名前にも反応してくれる(かなーり鬱陶しそうだけど;;笑)だけ
良くなってるってことなんだよなー!と
いい方に考えておりますっ♪v

天くん、一緒に頑張ろうねー><!!
ニックネーム あい at 17:58| Comment(4) | TrackBack(0) | Dogs-病気・治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰宅から15時間ちょっと…

天は相変わらずの状態です;;。

とにかく退院できたのが嬉しかったのだけど・・・。

帰ってきてまったく動かない。
&ガブガブ水を飲むのに一度もトイレをしない。
&ご飯もほとんど食べない。
&薬を飲まない。。。

って感じで。

最初は、『長い入院でかなり疲れてるのもあるんだろうな〜』って
ゆっくり休ませてあげようと思っていたものの、
あまりの元気のなさと、薬を飲んでくれない状態に少し心配になって、
夜中救急担当の先生に連絡してみたのだけど。

入院でのストレスは相当なものだから、きっと疲れ果てているはず。
食事はもう少し様子をみるように。
食べたくないから、水を飲むのだろう。
トイレは、犬は20時間しないこともあるから様子を見て。
痛い時は鳴くから、鳴いてないなら薬(痛み止め)はあげなくてもいい。

・・・ってな感じで言われました。

退院前にいつトイレしたのかわからないんだけど。
もうすぐ16時間。。。
しかも今朝は下痢止め薬も飲んでくれなかった;;。

この状態で、様子を見続けるだけで
本当に大丈夫なのかなぁ???
やっぱりすごく心配ですー><。

もう背骨も結構目立ってきちゃってるし・・・。
とにかく痩せちゃって〒_〒。

あと3時間ちょっとで点滴を外してから24時間になるので、
その時も同じような状態だったら、また病院に電話してみます;;。
ニックネーム あい at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Dogs-病気・治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

無事退院してきました!!

皆サマ、沢山の暖かい励ましのコメントやメール、
本当にありがとうございましたぁ〜〜><!!!

今日ひとまず天は退院してきましたっ!!
昨日の時点では、ちょっと今日の退院は無理かも??という状態だったのだけど、
今日の朝、少しだけご飯を舐めた!と病院から報告があって、
お昼にももう一度試してみて、食べる意志を見せたら退院してもいいですと言われ・・・。
また少し食べたらしく、退院許可が!
午後2時で点滴を止めるのでその後来てください〜ってことで行ってきました!!

午後6時頃かな。
今日の天は、手術後初めて尻尾を振ってくれたのですよー;;!!
感動〜〜嬉しい〜〜〜!!!

タオルに包んで連れて帰りましたっ!!
でもまぁ、もちろんまだ色々制限もあり、
とりあえず1〜2日の間は特に気をつけて様子を見続けてくださいとのこと。
まだ下血はするだろうし、痛みもかなりあるらしく。。。
万が一吐いたり、食事をしなかったり、不審な行動などがあったら
すぐに病院に連絡することになっております。

確かに・・・病院を出てからの天はず〜〜〜っとグッタリ。
家に帰ってきて嬉しいのかどうかもわからず・・・とにかく動かないからこれまた心配@@。
退院直前に薬を打ったためだと思うんだけど。

とにかくまだまだ気を抜けないということで!!
完全看護体制を取ってみましたっっ(`0´)ノ↓

dec28_08.JPG

これって、実は、玄関の入り口付近なのだけど^^;。
海が暴れる可能性大ということで。
天はしばらくこのスペースで落ち着かせることに・・・。

で!
その隣に布団を運んでみたv
ここで寝るわよー!( ̄‥ ̄)=3フンッ
何があってもすぐ対応できるようにねー♪

ちらっと写真に写ってるように、
天は全く動かず;;
薬もあげなくちゃいけないので、
いつものご飯タイムに、病院で渡されたフードに、
お米をかなりふやかしたものを混ぜてあげたのだけど、
ペロっ・・・と舐めただけ!Σ

天くん、それじゃー栄養とれないよー(〒_〒)。
ってことで。
今度はササミを茹でて、それを細かく砕いて、更にすり鉢で潰しまくったササミフレークを作ってみた!
(なんかね、お米とササミは消化がとてもよくていいらしいのだ@@
先生も是非あげてみてーと言っていたほどv)

そのササミと、作ったお粥をほーんの少し(普段の10分の1位の量)だけど、
コネコネしてあげてみたら・・・食べた!!
む〜〜〜っちゃスローペースで、食べるのもメンドクサイ・・・って動きだけど、食べたっ(>▽<)!

そしてその2時間後、
同じくらいのささやかな量のご飯を再び用意。
今度はさっきのレシピ+栄養の為にすこ〜し病院フードを混ぜてねv。
それも食べてくれたー(>▽<)!!

全く動かず、顔だけちょっと動かして食べる感じだけど。
手でね、すこーしずつあげないと食べないんだけどね^^;。
あともう少ししたら、また薬の時間ザマス。
未だに動いてない天だけど、痛み止めもないと辛くて寝れなくなっちゃうしね><。

ってことで!
ひとまず近くにいてあげられるので安心しておりますー!!
経過報告は出来るだけしまっせー♪


******************

最後に。
ワンコを飼ってる皆サマへの豆知識として・・・。

今回の腸閉塞手術の費用(検査+手術+3泊4日入院)で
なーんと5700ドル(55万くらいかな?)でした...( = =)。
↑の金額には初日の分(500ドル=5万弱程)含まれず。。。誤診でも払うのね;;。
これは救急料金なので少し通常よりは高めだと思うけど;;。
ほんと、誤飲を甘く見てはいけませんよぅ@@!!
動物って、医療費高すぎだぁ><。


ちなみに、
食べ物以外のものを口に入れてしまう犬は、
もぅ、癖なんだそうです〜・・・。かなり誤飲の確率高いみたい。
飼い主の見てない一瞬に飲んでたりね・・・。

うちの海もヤバイんじゃないか?!と気になって、
一応先生に、
「大事になる前に異物が体内にないかどうか調べられないのか」
と聞いてみたのだけど、
同じような症状が出たら、すぐに病院に連れてくるしかないですと言われましたよぅ;;。
飲み込んで12時間以内だったら、塩やらオキシドールで吐かせたりすることも可能みたいだけど・・・。

今回は色んな勉強になりましたー。
愛犬に苦しい思いをさせないためにも!
ほ〜〜んとみんなで気をつけましょうねぇ〜〜( ̄-  ̄ )。。。
ニックネーム あい at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Dogs-病気・治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

天・術後2日目

今日も面会行ってきました〜〜。

全く動かない状態の昨日に比べて、今日はまだ動けるようになったとはオモウのだけど・・・。
でも正直見てるのが辛いほど痛々しい状態は続いております(〒_〒)。

順調にいけば明日には退院できるだろうと、
最初は言われていたんだけども、
天は未だに何も食べることが出来ず
(多分点滴とか薬のせいだろうと言ってましたー)
『天、ご飯だよー』
と言うと、一応唸りながら反応はするのだけど、
食べ物を顔の近くに持ってくと『ヴ〜〜。。。』と言って顔を背けちゃうのだ><。

そのために、腸がまだうまく機能してるのかハッキリもしないしー、
今は下血が続いてるらしい・・・。

今日は昨日の予告通り、
頑張ってる天の写真を撮ってきましたよー。
予定ではもぅちょっと元気そうなところを撮るつもりだったんだけど。

dec27_08b.JPG ←クリックで拡大

パパしゃんに抱っこされて
少し落ち着いた様子のテン君♪
ママが顔を近づけると、「イヤッ」って感じで
パパシャツに顔をうずめてしまうのだよ・・・( ̄д ̄)どーなのよ?!それ!!

・・・かなりジェラシーなママ...( = =) 。

抱っこされてる間も点滴中・・・

dec27_08a.JPG ←クリックで拡大

かなりの量が投与されてるみたいー。
後ろに写ってる機械で、量を全て調節してるのよね。

とても辛そうなテンです〜〜;;。

もうここまできたら、
ひたすら信じて待ち続けるしかな〜〜〜〜い!!!

先生が、お米とかチキンとか、
消化がよくて匂いのきつくない物を持ってきてみても
いいですよーと言われて、今日いつもガッツいて食べるチキンを
もっていったのだけど、匂いがきつかったみたいで
「おぇっ」みたいになってたので。
明日はお粥&茹でササミを持っていってあげる予定!
少しでもいいから食べてほしいなぁ;;。


・・・そーいえば??

最近カゲが薄くなってる海くんですが。笑

ちゃんとねー、こいつも頑張ってるよ!!
いつも兄ちゃんの役目だった、
朝ご飯タイムにパパしゃんを起こす!!・・・ってのもね、
なんと海くんやってるんですよ〜〜ぅ@@!!
・・・まぁ、いつもの時間より1時間遅いってとこがミソだけど。笑

あと嫌いな車にも乗って、
毎日兄ちゃんのお見舞いにも行っております♪
病院に沢山ワンニャンがいて、ず〜っと怖がってる海くん。

でもでも周りが気になるの〜〜〜・・・と、こんな感じで↓

dec27_08c.JPG ←クリックで拡大

・・・こーっそりカバンから覗いているのでした。爆

ちょっといつもより元気ない感じもするけど・・・
でもさすが我家のムードメーカー、
笑かしてくれてるよ(^w^) 。

ホント、海がいてよかったぁ〜〜♪

ニックネーム あい at 14:04| Comment(4) | TrackBack(0) | Dogs-病気・治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

面会にいってきました

今朝先生から連絡をもらって、面会OKとのことだったので、
行ってきましたよ!!

いつもなら、ハイウェイを使って車で30分ほどでいけるのだけど、
今日はクリスマスの後・・・。
アメリカでは、クリスマスにもらったプレゼントを返品に行くというのがとても多いため、
(だからあげる側も、返品用のレシートを一緒に入れて、プレゼントするのも普通だったりネ@@)
お店側は大セールをしたりするのデス。
いわゆる、ショッピングDAY。
・・・ってことで、道が混んでしまって・・・倍かかっちゃった;;。

面会予定時間から30分ほど遅れてしまって・・・
担当の獣医師さんは前日から天を見てくれていたので、もちろん夜勤明けだったのだけど、
帰宅する時間を過ぎてるというのに、気持ちよく対応してくれましたー!

考えてみたら最初に天を連れていった時は「ストレス性胃炎」のような診断を受けて、
治療も処方もされていたもんで、
もし2日目に別の先生に診てもらってなかったら、
天が元気になることなんてなかったわけなんですよねぇ@@。
はっきり言えば誤診!
まぁ、動物相手で的確な診断をするのは難しいのも分かっているし、
だからと言って先生を責め立てるということはするつもりはないのだけど、
でもねぇ・・・理性では分かっていても感情がねぇ=_=。
一度、天の場合は、あの抜歯事件でも獣医師さん不審になっていたもんで・・・。
どっちの先生も触診したよね?!
今回なんて、命に関わるじゃん?!
・・・とかね。
しかも冷静になって考えてみると、
初日まったく関係ない処置や処方だったとしても、
600ドル(6万弱)くらいは払うわけで@@。


・・・あ。
また話がタイトルと関係ない方向に脱線しそうだ^_^;
感情にまかせて文を書くといっつもこれだねぇ〜〜♪
軌道修正して。。。っと。


そうそう、まぁ、そんなこんなで!
天に面会させてもらったんだけど、
も〜〜〜〜〜〜〜なんて痛々しい><!!
麻酔から覚めて、痛み止めは与えてはいても、
やっぱりかなり痛むらしい;;。
会いにいったら喜んでくれるだろうな!と思っていたけど、
しっぽを動かす元気なんて全くないようで、
ひたすら『ぐ〜〜。。。ぐ〜〜。。。』といった、
元気のない唸り声のような声を出し続けてるのですよ。
しかも、目にいっぱい涙を浮かべてるしっっ><!!

点滴注射をつけたままの面会だったのだけど、
「好きなだけ一緒にいていいですよ〜。帰る時に声かけてください」
と、個別の診察室の一室を貸してくれたので、
しばらくママ&パパ&カイ(←カバンから顔をだして覗きながら寝てたけど(−д−)笑)
と一緒に天を励ましましたよー!
とにかく動けないからね、
頭とか、耳とか、背中とか、首とか、軽くなでてあげるだけで
少し落ち着いてくれたりしたかな?と思うのだけど。

それでもやっぱり、時折酷い痛みの波があるらしく、
よろけて泣きながら動こうとしたりするのを見て、
代われるなら代わってあげたいと本気で思っちゃった;;。
ずっと一緒にいてあげたかったけど、
天もケージで大人しく寝ていたといっていたし、
逆にうちらが長く一緒にいると眠れないのでは・・・と、
名残惜しくも今日は帰ることに><。

でもねー、
まったく動かなかった天が、
じゃぁね・・・って帰ろうとしたとき、
唸りながらも頑張って立ち上がって、こっちにこようとしたのを見たら
すご〜〜〜〜く辛かったですよぅ〒_〒。
でも明日もちゃんとくるからねっ!!!

天は今晩から、ご飯を食べさせてみるとのこと。
でもこの調子じゃ食べないかもですが・・・一応試してみて、
ご飯を食べれて、腸がうまく機能して、オナラもでて・・・という
状態を確認できたら、家に連れて帰ってもいいそうだー!!!

でもねー、なんと、エリザベスカラーつけなくていいかもなんだって@@。
傷口は15〜20センチくらいかな?お腹を切ってるんだけど、
痛みでまず動けないだろうから、必要ないと思うと?!
それも・・・非常にかわいそうなんだけど;;

でもでも早くお家に連れて帰ってあげたいなぁ!
早くオナラがでるといいなぁ!!!笑

痛みですごく辛そうだったけど・・・
術後と薬のせいでかなりむくんではいたものの、ちゃんと面会もできたし、
なによりもっとフラフラでお腹はガリガリで、吐きまくって衰弱してた天を見てたから、
それを思うと、よくなってるんだ!!って思えて安心しております♪

そうそう、去る時にね、
天が少しでも安心できるように・・・と、
天愛用の小さいベビー毛布を預けて、天に使ってくださいー!とお願いしたら、
ケージにいれておきますね^^vと言ってくれた♪
よかったねー!

パパしゃんが、
『パパ臭つけてあげないと!!』
と、毛布を抱っこしたり、首に巻いたりしてたので!!!
『ママ臭の方が天は喜ぶ!!(←残念ながら天は生粋のパパっ子のためそれはないのだけど=_=)
と、対抗してママ鼻水つけておいた!!!!ΦωΦ

・・・毛布を持って行ってくれた獣医さんにはもちろん内緒ですv。笑


なーんて冗談も言えるくらいに、
少し落ち着いてきてる管理人であります!!
天も頑張ってるから大丈夫だって信じてるしねv

いっぱい心配してくれた皆さん、
わざわざメールくれたお友達の方も、
本当にありがとでしたー><!!

ちゃんと経過報告していきますよー!
&明日の面会では写真撮ってこれるかな??
様子見ながらだけど・・・早く元気な姿を載せられるといいなっ♪

ニックネーム あい at 15:03| Comment(2) | TrackBack(0) | Dogs-病気・治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

突然すぎてまとまりませんが

頑張ってとりあえず状況説明します。

********************

昨日(24日)から突然テンの様子がおかしくなった。

朝、いつも通りご飯を食べて、ずっと昼間は大人しく寝てたのに、
夕方頃吐く。
吐くのは珍しいことじゃないのだけど、
吐瀉物を見ると、昼間に少し食べたご褒美と、見たこともない幅2ミリ・長さ1センチほどの赤いテープのようなものと、ほんの少量の出血が。
何かを飲み込んでそれを吐いたのかな?くらいは心配したものの、
カイと違っておもちゃも壊さないテンだし大丈夫かな?と思った。
でもちょっと出血のようなものが気になったのだけど。。。
とにかく少し様子をみることに。

その後、夕飯の時間になって、時間になると催促にくるテンがこない。
不思議に思いつつも、用意をするとやってきて、
全部食べた。でも少し元気なく見えた。

そして、その数時間後、全部吐いた。
普段はほとんど水を飲まないテンが、狂ったように何度も水を飲んで、
トイレに行っても何もせずに出てきてしまい、
うろうろと歩き回り落ち着かない感じが続いた。
明らかに挙動不審。

その数時間後、大量の嘔吐(夕飯の残りと、後はほとんど水)を何度も繰り返した。
吐瀉物の色は濃い茶色のような感じ。
どこを触っても痛がる様子はなかったものの、
テンも辛そうで、寝たくてもすぐうろうろと落ち着かず、
すぐに座り込んでしまうため寝れないようだった。

明らかに普通でない行動のため、
夜1時頃、車で30分ほどの場所にある、動物救急病院に連れていった。

その後しばらくしてから、先生に診察してもらうと、
特に触診では怪しいところはないので、何かしらのストレスによっての症状じゃないか、と言われる。
ストレスがたまるような環境の変化など思いつかなかったが、
人の気付かない原因で突然そういった、胃炎のような症状がでるらしい。
とりあえず先生の勧めで、
水分補給と吐き気を抑える為の注射、
念の為の血液検査(クリスマスは祝日のため、結果はもう少し先)と、
一応肛門腺の掃除をしてもらう。
処方箋薬は胃酸を抑えるものと、吐き気を抑えるものを処方された。

帰宅後、疲れのせいかぐったりとそのまま寝ていたので、
薬が効いてるのかな?と安心していたが、
今朝再び大量の嘔吐。
ちなみに、昨夜のご飯以来、今日の夕方までは水以外何も与えていないように言われたため、今朝の吐瀉物には固形物は何もなく、
かなり濃いドロドロの茶色の胃液(時間が経つとほとんど黒。匂いは胃酸の匂いというより、どちらかというと肛門分泌液に近い感じ)
を、1メートルくらい歩きながら吐く。

体力がなくなってるせいか、昨日より元気も落ち着きもなく、
うろうろして突然座り込んでお腹あたりを気にする感じは続くものの、
触っても痛がることはない。
気持ち悪いから吐く、吐くから胃が荒れる・・・の悪循環なのか、と
薬をあげようとするが、結局吐いてしまう。

改善しているようには見えず、
逆にどんどん吐く回数も頻度も増え、明らかに消耗してる状態をみて
これはストレス性胃炎などではなく、かなり深刻なのでは?と思い、
電話連絡の後再び救急病院へ。
 *25日はクリスマスの祝日で、通常はすべて休みです。

このときのテンはもう、ぐったりとしてる状態。
吐き気が酷いせいか、「おぇっ」というような感じで震えながら唸り声をあげる。
その後は全く動かなくなり、「クークー」と小声で泣き続ける。
このままテンがいなくなってしまうのではないか、と本気で思うほど
弱りきっていた。

しばらくして、昨晩とは別の先生に診察してもらうと、
触診で少し違和感を感じるためレントゲンを撮った方がよいと言われお願いすることに。
すると、何かはわからないが、症状とレントゲンの結果から推測すると、異物を飲み込んでいる可能性がかなり高いと言われる。
まず間違いないだろうということだったが、
唯一の処置は手術。
薬という方法はないらしい。

というのも、胃に異物があるのではなく、
腸に詰まってしまっている状態に近いらしい。
このまま手術をせずに放置すると、
腸に溜まるガスのために腸が破裂するか、確実に弱っていくのみ。
そして助かることもないらしい。

とにかくテンを楽にしてあげられるなら
なんでもしてもらうつもりだったが、
あまりにも突然の展開に頭が回らなかった。
でも唯一の方法と言われれば、それしか選択肢はないのも明らか。
テンの強さを信じてお願いすることにした。

********************

・・・うまく状況が伝わったでしょうか??

淡々と書いていかないと、いろんな感情が邪魔してうまく書けないので。
本当は手術終わるまで病院にいるつもりだったのだけど、
どれくらいで終わるのかもわからないので、
必ず電話連絡をしますと言われ、一度帰宅することに・・・。
夜8時頃に帰ってきました。

犬の誤飲でのトラブルは珍しいことではないとは言うけど、
まさかあの天が?!という疑問や、
手術で万が一のことがあっても病院側の責任はないというような
書類にサインしたことや、
7歳で弱り切っている天がちゃんと耐えられるのかということや、
とにかくもう何も出来ないくらい心配してました。

夜10時過ぎ、やっと病院からの電話が。
お腹を切ってみたら、やはり異物を発見したそうです。
実物は明日また病院に行って見せてもらう予定だけど、
話を聞いてるとどうやらラバートイのカケラみたいな感じ。
海が破壊しまくっていたおもちゃのカケラを
飲み込んでしまったのかもしれない;;

その電話の時点では、
これからお腹を洗浄して、縫い合わせて手術は終了とのこと。
100%とは言えないけど、今のところ問題はないので、
明日の朝、また連絡をしますと言われました。
まだ安心はできなかったけど、でもなんとか無事でいることと、
ちゃんと原因が特定できたことと、天が頑張ってることを聞いて
一気に力が抜けました・・・。

・・・が。
再び夜中1時過ぎに電話が・・・。
朝連絡すると言っていたのに、なぜ今?!と、まさかの予感に
電話に出るのが怖くなってしまったんだけど、
その連絡は無事手術が終わって、麻酔から天が覚めました!!との
嬉しい知らせでした。
今はまだ意識が朦朧としてるけど、
天はとても楽になった様子で、休んでいますよ、と
親切に連絡してくれたのでした。

ああ・・・本当によかった!!!!

でもこれから最低でも3日間は入院です;;
動物は医療費がとにかく高いので、できるだけ早く退院させるらしいのだけど、大きな手術の後はあまり無理をさせないためにも、(海もいるから、かなり大変になるのです・・・暴れちゃうしね;;)
少し入院長くなるかも?とにかく様子見ですね。
でも毎日会いにいくよ!!

もうこんな思いは二度としたくないや。。。
結構、我が家は色々と気をつけてる方だと信じていたけど、
もっとしっかり管理してないとダメなんだなと、本当に思いました。。。

なんだか海も元気ないの。
いつもと違うってわかるんだねー。
少し安心できて、気分も落ち着いてきたので、
ブログに書いてみました。

安心してきたら色々と現実も見えてきたり・・・。
医療費とかね・・・昨日今日すべてのトータルで4000ドル以上だと思われます・・・。
でもね、もう今はとにかく、
お金の心配よりも、天が無事に&元気に帰ってきてくれればそれでいい!!って
心から思ってるのです。

早く会いにいきたいなー!
そのためにはもう寝ておかないと・・・午前中には出かけます!

・・・ってなんか、最後まとまってないけど。
長いブログになっちゃったなぁ。

一生忘れられないクリスマスイブ&クリスマスDAYでしたね。

また経過報告していきますー!!
ニックネーム あい at 18:51| Comment(4) | TrackBack(0) | Dogs-病気・治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

順調に回復中!!

天の抜歯手術の後に
励ましのメール&コメントを沢山頂きました〜><
本当にどうもありがとね!!!

色々ご心配おかけしちゃったけど
天は随分元気になったよー♪腫れも引いたし。
それでもまだ痛みは続いてるみたいで、オモチャを咥えたりは出来ず、
前足で口を押さえてもがいてたり・・・。
ちょっとそんな姿を見ると可哀想だけどねぇ〜(×_×)

でも、起こってしまったことを思い返して悲しむのはやめっ!!( ̄Д ̄)ノ
でも天は強いからきっと頑張ってくれるはず!
あとちょっとの辛抱だぞ〜〜〜っ><!

may22_07.jpg

そんな天と
いつまで経っても兄ちゃんっ子な海の様子♪
いつも天にべったり〜〜なのだ。



ニックネーム あい at 02:39| Comment(2) | TrackBack(0) | Dogs-病気・治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

22本の歯

初めての方、ご無沙汰な方、こんにちわ。あいデス。
この度ペットブログなるものを始めてみようと思います!
たまに天と海の様子でも覗きに来てやってくださいな♪

さて、ブログ開始から暗い話題になります・・・。
昨日は後悔・怒り・悲しみ・・・と、何とも表現し難い複雑な感情で混乱していた為、考えをまとめることができなかったのだけど。

随分長くなってしまうと思いますがー、
お時間ある時にでも読んでやってくださいませ・・・。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


1ヶ月ほど前の事、予防接種と健康診断のタメに天と海を連れて病院へいくと、診てくれたのは初めての先生。
どうやらその動物病院のオーナーらしい。
2匹とも健康状態には問題なかったのだけど、天の歯が一本グラついているので、抜かなければならないと言われてしまった。
クリーニングもしておいた方がいいと言う・・・。

突然歯を抜くと言われて、出来ればそんなことはしたくないのでなんとかならないか?と聞いても、グラついた歯というのは元に戻ることはなく、犬も不快感や痛みがあるし、ばい菌が入ってしまうので抜くしかない・・・数本歯がなくても、生活に全く支障はない・・・との事。

先生の言ってる事は理解したが、どうも納得いかない。
と言うのも、一年半以上前から、目に見える歯垢はあまりないものの、天の口臭が気になるので、クリーニングをした方がいいのか?と言うことを、今まで見てもらっていた先生に尋ね続けていたが、
その先生は、歯垢もたまってないし、歯茎も健康だし若いので、歯磨きもしてあげたらまだクリーニングは必要ないでしょうと言われていた。
以来ほぼ毎日、デンタルパットは使うようにした。

それを、違う先生が見た途端抜歯??
納得いかない・・・。

即決出来ず、数日考えた後、
やはり、そのせいで天が余計な痛みを感じたり、不快感を持ち続けるのは逆に可哀想だし、既にグラついてる歯一本を抜いてもらって、クリーニングもしてもらっておくのは悪いことではない・・・と、予約を取ることに。

そして昨日、クリーニングと抜歯のタメに、改めて早朝から天を病院に連れて行った。
病院に行って少し説明を聞いていると、手順としては、麻酔の検査をしてから、大丈夫なようだったら麻酔後、歯のレントゲンを撮ってからクリーニングと抜歯が必要な歯を取り除くと・・・。
抜歯が必要な歯って・・・一本でしょ?と言うと、
それはレントゲンを撮って判断すると言われる。
そして、手術前にサインをして下さいと渡された見積書には10本の歯と記入されているではないか。

一緒に行ったパパさんが、
「1本と聞いているのに、10本と見積もりしてある書類に、サインなんか出来ない!」と猛抗議。
受付の人は、
「10本抜くわけではないが、レントゲンの結果次第では、2本以上抜くこともありえる。今の時点では何本と正確に表記することが出来ないので、10本と書いてあるが、10本抜くわけではない」・・・と。

・・・当たり前だ。
だとしても、裏を返せば、書類にサインをすることによって、必要と判断されれば10本までは勝手に抜歯されてしまうと言うことになる。
とてもじゃないが、許可できない・・・と抗議すると、
レントゲンを撮った後、何本抜歯が必要な歯があるのかを必ず連絡する、そして許可を取るまで勝手に抜かないと約束し、天を預けて一度帰宅した。

それから約5時間後、病院から連絡が。
なんと、22本の歯を抜くと言われたのだ。
え??
22本???
・・・意味が分からない。
パパさんが電話で対応していたのだが憤慨していた。
大体突然そんな事を言われて、電話越しにどんな説明を受けたとしてもハイお願いしますと言える訳がない。

しかし、そうしている間にも、天は麻酔をかけられて眠っているのだ。
ノンビリしている時間はない・・・何度も麻酔をかけさせるなんていうことはしたくない。
とにかくすぐに病院に向かうことに。
病院までは車だと10分かからない。

しかし電話を切った直後、パパさんが別の動物病院にセカンドオピニオンを聞きたいと、電話をかけた。
その病院は少し離れた場所にあるが、救急の場合などに利用する動物総合病院である。
簡単に事情を説明すると、
「1年に最低2回は健康診断に連れて行っていたのに、突然22本抜くと言うのは確かに信じられない。セカンドオピニオンを求められるのはよくある事なので、こちらに来る時には、その病院からレントゲンを転送してもらうので連絡するように」という様な事を言われたらしい。

それから急いで病院に向かう。
到着すると、すぐに電話で話した天の歯を担当するドクターがやってきて、そのまま手術室へ案内された。
そこで天は管などを入れられたまま、死んだように麻酔で眠っていた。
とても痛々しかった。
とにかく時間に限りがあるため、早速説明を受ける。

天の歯の多くは、目に見えない歯茎の奥に歯垢が入り込み、歯と歯茎の間にバクテリアが繁殖してしまっていると言う。
そのばい菌は放置しておくと、血液中に入り込み、肺や心臓が悪くなるらしい。
歯がグラついているのも、本来歯茎と繋がっていなければならない歯の周りがバクテリアによって、離れてしまっている(要は腐っている)ためだそうだ。

実際に天の歯と歯茎を見せてもらうと、確かに人でいう歯槽膿漏のように隙間があり、歯によってはぐらついているもの、膿の溜まっているいるものなど・・・ここまで酷いことになっていたのか?と目を疑った。
そして次にレントゲンで説明を受ける。
ドクターの説明通り、バクテリアに侵されている歯の奥は、歯茎から離れてしまっているのがよく分かった。

そしてそれらの歯は、放って置いても後半年ほどの寿命で、何かの拍子に抜けてしまうだろうが、それによって、痛みや不快感はもちろん、何よりばい菌が体内に入り込んでしまう、とも言われた。

とにかくショックだった。
担当ドクターの説明は丁寧で、よく理解が出来た。
天には本当に抜歯が必要らしいと言うことも理解した。
ただ、どうしても納得出来なかったのが、
どうしてもっと前に気づかなかったのか?と言う事だった。

私たちはいつでも天と海を最優先に考えてきたつもりだったし、だからこそ、口臭が気になり始めた頃にも、健康診断に連れてきて、歯を見てもらったのだ。
年に数回の健康診断は欠かさず、何度もクリーニングが必要かも聞いていた。
しかし、その度にドクターに今はまだ必要ないと言われれば、その意見を全面的に信用し、鵜呑みにしてしまっていた。
飼い主としては、しなくていい手術やかけなくていい麻酔などでの負担を天に負わせたくない・・・と思うのも当たり前だ。
その代わりに、出来るだけデンタルパッドは使うようにしていた。

ところが、前回の診察で別のドクターが見た途端、違うことを言われた・・・確かに飼い主の落ち度もあるだろうが、専門家としての責任はどうなのだ?と、思わずにはいられず、
何度もその事についても追求したが、やはり病院側としては、そういった責任問題に関しては曖昧にするばかりだった。

天はまだ6歳にもなっていないのだ。
それなのに、半数以上の歯・・・3分の2もの歯を失うなんて・・・。
本当に悲しかったし、今までの担当ドクターを恨みもしたが、天はそうしている間にも麻酔で眠り続けているし、手術室で話を聞かせてくれたドクターは、健康診断中に天の歯のレントゲンや抜歯を指摘した医師と、その日初めて立ち会った手術専門の医師だったため、同情しても、今天に必要な事を理解してもらって、手術するのが仕事なのだ。

実際に説明を聞くまでは、場合によっては今日はこのまま抜歯はせずに連れて帰って、セカンドオピニオンを聞いてから改めて処置しよう・・・とも思っていたが、
ここまでハッキリした証拠を見せられては、心の準備が・・・と事を先延ばしにしても、いつかは同じような日がやってくるだろうし、その時にはもっと深刻になっているかもしれないし、また天に麻酔やら何やら余計なストレスをかけることになる・・・。
そんなことはしたくなかった。
ましてや肺や心臓が悪くなると言われては放置も出来ない。


暴れだしたい衝動と涙を抑え、手術をお願いすることにした。



・・・そして数時間後、天を迎えに行くと、まだ麻酔が残っているらしく、多少ふらつきながら天が手術室の方から出てきた。
半日しか離れていなかったが、何日も逢っていなかったように感じた。
天を抱っこすると少し安心したが、急に泣きそうになってしまった。

手術をしてくれたドクターは、また術後の処置や対応など、必要なことを説明し、いるかどうかは分からないが・・・と、天の抜いた22本の歯と写真をくれた。

【クリーニング後の天の歯】
extraction_tooth.jpg

【抜いた22本の歯】
teeth.jpg*クリックで拡大

2、3日は術後の痛みや症状の為に辛いこともあるだろうが、3週間ほどしたら、縫い合わせた歯茎もすっかり治っていると言われた。
そして、通常は抜歯から2週間後に術後検査の為もう一度病院へいくらしいのだが、天は抜いた数が多いので一週間後に連れてくるようにと言う事だった。

こうして、天の歯はほとんどなくなってしまった。
まだ5歳なのに。
ドクターによると、犬や猫は歯がなくなっても、ちゃんと食べることも出来るし、ガムだって噛むと言っていたが、しばらくは柔らかい食事のみになる・・・手術の前日まで、毎日食後に大好きなガムを噛んでいたのに。
後悔してもしきれない。


天は昨日帰宅してから、ずっと辛そうにしている。
犬歯も一本抜いた為に、数日は鼻血が出たり、息遣いが荒くなったりするらしい。でも、朝から食事抜きだった天は、麻酔でだるいだろうに、食べ物をねだっていた。
麻酔がきちんと切れるまで食事はさせてはいけないとのことだったので、数時間待ち、やっとご飯をあげると、いつものように喜んで食べている姿を見て少しホッとした。
ただちょっとこぼす量は多くなったが・・・。


最後に。
今回のことは取り返しのつかないことをしてしまったと、自責の念に駆られるが、これを教訓に海には同じような思いはさせないように気をつけていきたいと思っている。

そして、今回の件で抱いたドクターへの不信感も消えることはない。
しかし、病院を変えるのは場所や衛生面など色々難しい点も多い。
今までの病院は決して悪いところではないし、全てのドクターが悪いと言うわけでもない。・・・が、他の近所の動物病院に比べ少し設備も整ってるため、ドクターの数やスタッフが多い。

今までドクターの都合にまかせていたような、動物病院での診察も、これからは前回見てもらったドクターのみを指名して診察してもらうつもりだ。
この先本当の意味で信頼できるドクターを探していきたいと思った。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



・・・と言うことでしたー。
ホント、辛かったです・・・というか、今も辛いです;;
いや、辛いのは天です・・・(w_−;
今日はまだ2日目だからね・・・
顔もすごく腫れて、痛み止めと薬のせいでダルイらしく、あまり動かないから心配になってしまう。
(でもトイレをすると、元気なくてもご褒美待ってるのだよ^^;)
なるべく海がちょっかい出さないように見張ってないとね。

↑では触れてないけど、それなりに治療費すごいです。
でも生活が・・・とか、現実的に考えるのは2日目からなんだなぁ・・・と改めて実感してしまった@@。
とにかく天によくなって欲しい!!しか考えられないもんね。

本当だったらブログ開始の時には、公園の芝生で楽しそうに笑ってる天と海の写真とかを載せたかったんだけど・・・
こんなことになってしまったので、
天の抜歯前と後の写真を載せて見ました。

どれだけ腫れてるか分かるかな?
辛いだろうなぁ・・・本気で、代わってあげれるなら代わってあげたいよ><!!!

【抜歯前】
extraction_before.jpg

【抜歯後】
extraction_after.jpg*クリックで拡大

天が少しでも早く楽になって、
また大好きなガムが食べられますように!!!!!



ニックネーム あい at 04:12| Comment(3) | TrackBack(0) | Dogs-病気・治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする